シロアリのことご存知ですか?

いまごろの季節になると、シロアリが活発に活動しています。

ということは、人がシロアリを発見しやすい時期ということになります。

それは1年に一度のシロアリの飛行時期で、その時期になると羽を付けたシロアリが巣からいっせいに飛び立つからです。

4月~5月はヤマトシロアリが昼間、群飛しますし

6月~7月はイエシロアリが夜間、群飛します。

関西は、凶暴なイエシロアリの分布地域です。

飛び出した羽アリは、地面に落ちると自ら羽を折って落とし、

十分な湿り気と餌のある床下に潜り込んで、巣造りを始めるので要注意です。

■ 鉄骨造やコンクリート造の家は大丈夫!?

シロアリは木材を食べるというのはよく知られていますね。

木造の家の柱や梁といった構造的に大切な部分の木材が、空洞上に食べられると、建物の強度が著しく低下します。そして、地震にもとても弱くなります。

場合によっては鉄骨やコンクリートも被害にあいます。びっくりしますよね。シロアリってなんでも食べちゃうんです。それに、鉄骨やコンクリートの建物でも、木材がたくさん使われています。

その他に、シロアリは、発泡スチロールのような断熱材も好んで食べます。

そういったことから、「うちは鉄骨造やコンクリートなので大丈夫!」と安心できません。


■家の中で一番危険な場所は?

木造の家では、すべての場所で被害が起こる可能性があります。特に、お風呂・洗面所といった水廻りが一番危険と考えられますが、なかでも要注意なのが、玄関です。

玄関のタイルを水洗いしたり、玄関に植木鉢を置いて水やりしている人は、今すぐにやめましょう。それだけでも、シロアリのリスクが少なくなります。

■シロアリから我が家を守るためには

シロアリの駆除に向いている季節はあるのでしょうか?これは多くの方が抱く疑問です。

イエシロアリの被害の場合は被害の進行が早く、また激しいため、被害を発見したら可能な限り早急に駆除をしないと、建物に深刻な被害を及ぼします。

結論から言うなら、シロアリは発生しているなら、発見がどの季節であってもすぐに駆除した方がいいです。また、シロアリの予防を計画しているなら、季節を待ったりせずに今すぐ施工した方がいいです。

基本は、予防です。家は、シロアリの予防をすることで耐久性が増し、より長く快適に住み続けることができます。


〈日ごろから気を付けること〉

 ・シロアリは湿った場所や日陰をこのみます。床下は常に風通しをよくして乾燥させましょう。基礎の換気口の周囲に物置をおいたり、エアコンの室外機を置いて、床下の風通しを妨げていませんか?

 ・庭や床下にダンボールを置かないようにします。紙は、シロアリの大好物のセルロースで作られていますから、好んで寄ってきます。シロアリの好む環境を作らないように心がけましょう。

 ・床下の点検をコマメに行いましょう。床下収納庫のフタを開けてカビ臭いようであれば要注意です。

 ・予防措置を行いましょう。新築時から5年経過していたり、以前、シロアリ予防措置をしてから5年経過している場合は、点検のあと予防措置を行いましょう。


ひとたびシロアリにおかされると、集団であっという間に食べられてしまいます。

普段からの対策を十分に行い、シロアリから大事な我が家を守りましょう。


エムズライフプロデュースでは、家を長く住み継ぐためのお手伝いをしています。

シロアリから家を守るために、点検・防除・駆除を行っています。気になることがあればなんなりとご相談ください。

エムズライフプロデュース

人生の基盤となる「住まい」と「健康」を キーワードにあらゆる面からお手伝いします。