講演


先日、ありがたいことに講演依頼をいただき、行ってきました。


海南市日方の 伊勢部柿本神社さまへ

講演をさせていただいたのは、

和歌山県神社庁海南海草支部

「神宮大麻暦頒布始祭」 

じんぐうたいまれきはんぷはじめさい と、読みます。


という、大切な神事のあと、お集まりの皆様に向けての60分でした。



神宮のお神札は「神宮大麻」と呼ばれ、お正月を迎える前には日本全国の神社を通してお配りされています。

古くから私たちの家庭では、神棚に神宮大麻と氏神様のお神札をお祀りし、神様に日々の感謝を捧げ、家族の幸せを祈ってきました。

そのお神札は、神社本庁、各都道府県の神社庁を通じて、年末までに神宮大麻と神宮暦を全国崇敬者の各戸へ頒布されます。

そのための、伊勢神宮からのお神札を各神社さまへされ頒布されるのが、今回の海南海草支部の「神宮大麻暦頒布始祭」です。



今年の1月、新築工事をさせていただいたとき、地鎮祭でお世話になった 海南市の千種神社さまからのご縁で、お話をいただきました。


地鎮祭でお世話になったときの様子 ↓ ↓ ↓

とっても寒い朝だったように思います。

おかげさまで、工事も無事終わり、お施主様にも喜んでお住まいいただいてます。



講演依頼をいただけたことがうれしくて、

二つ返事でお受けさせていただきました。が、

当日、会場入りしてびっくり!

80人近くお集まりになる会場のステージには、地鎮祭のときと同じ祭壇が組まれ、

宮司さまらしき方が、緊張した面持ちで祭典の練習をされていました。

そして、

そしてそして、講師のわたしも、祭典の中で、玉串を奉って拝礼するということを知りました。

「いつも地鎮祭でされてるから大丈夫でしょう」と

お話くださいましたが、、、

宮司さん方が、なんどもなんども緊張した面持ちで練習されているのを見て

否が応でも緊張感が ↑ ↑ アップです。


講演では、

参加者さまは、半数は60歳代後半以上の男性で、あとは50歳代男性、

女性は10人程度 ということでしたので、

「医者は歩けというけれど、歩くことは健康にいいときくけれど

、、ただ歩くだけでいいの?」

ということで、

スライドをご覧いただきながら、実演、体験で、正しい姿勢を知っていただき、

健康にいい歩き方や、歩くことで期待できる具体的な健康効果のお話をさせていただきました。

会場のみなさんと一緒に、体を動かしながらの60分となりました。


残念ながら、講演のときの様子の写真はないのですが

60分のあとの質疑応答の時間にも、具体的な質問もたくさん飛び出しまして、

みなさまの関心の高さがうかがえました。


この日の講演が、少しでもみなさまの健康のお役に立てればと、期待して。




お弁当やお土産など、お気遣いいただきありがとうございました。

帰宅後、家族といただきました!


最後になりましたが、お声がけ下さった千種神社さま、当日会場でお世話になりました支部長さまはじめ、スタッフのかたがた、

このたびは、講演のご縁をいただき、たくさんの細やかなお心遣いまでいただき、本当にありがとうございました。




今回、頒布始祭に参加させていただき、

お神札についていろいろ調べてみました。

参考までに ↓ ↓ ↓

お神札の祀り方 ※



ウォーキングイベントや、セミナー、講演をうけたまわっております。

“90歳になってもハイヒールの履ける人生をⓇ”をコンセプトに

健康ウォーク、ヒールウォークのレッスンも行っています。

↓ ↓ ↓

エムズライフプロデュース

住まいを通じて、いついつまでも笑顔で暮らすお手伝いをしています。