介護保険住宅改修工事

退院を2週間後に控えて、歩行器(下図)で家の中を移動できるように、介護保険を使っての住宅改修をさせていただきました。

歩くときに、あまり足が上がらない場合は、少しの段差も危険です。

そういう時は段差を解消します。

施工後↓



移動場所によっては歩行器を置いて、手摺つたいに移動をしなければなりません。まずは、必要な箇所への手摺の取り付けを検討します。

その方の、持ちやすい高さに合わせて、マーキング。

施工後↓



中には、壁がなく手摺のつけられないところもあります。

そういう時は、必要な時だけ取り付けられる“遮断機タイプ”の手摺の出番。

遮断機タイプは、使っていないときはこんな感じ。↓

あとは、開きドアの使い勝手の悪いところを引戸に。

施工後↓

もともとついていたドアを使っての工事なので、工期も短く、工事範囲も小さく、お財布にも優しい!


丸いドアノブも。


レバーハンドルに変更。

楽に、開け閉めできます。

不便なところ、危ないところを改修して、工事は終了。

少しでも建物側を工夫することで、自立した生活が遅れることを願って。


エムズライフプロデュース

人生の基盤となる「住まい」と「健康」を キーワードにあらゆる面からお手伝いします。